sissi's blog ごはん


    犬との暮らし、日々の楽しみ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --.--.-- | | スポンサー広告

    最近の定番



    最近のお昼の定番。
    シリアルと冷凍バナナの牛乳がけ。
    火を使う気になれず、手抜きばっかり。
    もう素麺ゆがくのすら暑苦しい~。

    あんまり冷たいものばかり食べるのは
    体に良くないんですけどね。
    (で、熱いお茶を飲もうとして火傷したんだけど)

    このシリアル、すごくおいしいんですよ。
    ふつうにスーパーで売ってるんですが
    「ごろっと大豆のグラノーラ(日清シスコ)」。
    大豆や黒豆、小さいお豆腐まで入って
    全体的にほのかに甘くてきなこ味なんです。
    きなこ好きにはオススメです

    onemu.jpg

    いつもひっくり返って寝るサンタ。
    しかもソファのカバーをぐっちゃぐちゃにして
    気が済んだらグーグー寝るんです。
    なんか巣作り的な衝動にかられるんでしょうか。
    迷惑なんですけどね…

    でもグースカ寝てる姿を見ると
    自由で無邪気だなーと癒されます。
    おおげさですけど、幸せな気持ちに
    なるんですよね~。

    明日はトリミング。
    またちょっと大人っぽくなるかな



    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
    にほんブログ村




    スポンサーサイト

    2014.07.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ごはん

    八朔ジャムのその後



    前々回は八朔ジャムの下準備について書きましたが、次の日大鍋で煮て
    無事に美味しいジャムが出来ました~。早速パンにのせていただきました。
    ほろ苦くておいし~

    で、作り方続き。
    スライスして一晩水に晒していた皮をザルにあげておく。
    大きな鍋にざく切りにした中身(袋ごと)入れて火にかけ
    しんなりしたら、水を切った皮を投入。お砂糖もガツンと投入。
    あとは好きな状態まで煮るだけ。お砂糖は果物に対して7割とか、
    何回かに分けて加えるとか、最低2時間は煮込む、とか細かいことは
    無視して、ザックリ作ったけど問題ないと思う。
    今回は八朔を8個使いましたが、お砂糖は罪悪感を感じつつザザーッと1キロのを
    入れちゃったもんね!これでいいのだ、ジャムは甘いものなのだ…と自分に言い聞かせて(笑)
    煮たのは1時間くらい。これも好みで良いと思います。ちょっとゆるいかな?
    くらいでも冷めるとわりとしっかりトロミがでます。
    皮を水に晒すのは苦みを抜くためなので、苦みが好きな人は3時間くらい
    でもよいそうですが、ワタシは半日以上晒して水も5回ほど替えました。
    それでもほんのりほろ苦くていい感じでした。

    たっぷりできたので煮沸したガラス瓶に入れて実家に送ろうかと。
    jam.jpg
    オレンジ色がキレイ
    ユジャロンみたいにお湯で溶いたりソーダ割りにしても美味しいですよ。

    あと家で食べる分はジップロックで小分けにして冷凍してます。
    有本葉子さんの本で知ったのですが、手づくりジャムは小分け冷凍がオススメです。
    カチカチにならずシャーベット状なのでアツアツのパンにのせて食べると
    ひやっとして美味しいんです。そのままヨーグルトに混ぜてもアイスみたいで
    美味しいですよ。

    八朔ジャムのトーストを食べてちょっと春っぽさを感じた朝でした

    2014.02.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ごはん

    八朔ジャム



    主人の実家からたくさん八朔が届きました。
    家でなったものなので無農薬だし、皮ごと食べられるジャムにすることに。
    まずブラシでよーく皮を洗います。で、八分割して外皮と中身を分けて
    外皮は薄くスライス。たっぷりの水につけ、何度か水替えしながら
    一晩あく抜きすると、苦みが抑えられるそう。

    中身は種だけ取り除き適当な大きさにカットして
    冷蔵庫で保管しておきます。

    ハイ、今日はここまでです。

    下ごしらえがちょっと面倒ではありますが、
    部屋に広がる柑橘系の香りを楽しみつつ
    テレビを見ながら皮をむきむき、何個か生で食べつつ気ままに準備。
    皮はスライサーでささっとやっちゃおう
    と機嫌よくやっていると…

    ぎゃー!スライサーで指切った~
    ええ、わりとザックリと…

    でも出血のわりに、全く痛くないのが不思議。というか不気味。
    大丈夫かワタシの指よ…

    ともかく、明日美味しく仕上がりますように

    2014.02.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ごはん

    ポテトサラダで



    今日の昼ごはん。

    食パンにマヨネーズを薄く塗って、
    昨日の残りのポテトサラダをのっけて、チーズも乗っけて焼いただけ。
    マヨネーズじゃなくてバターでいいんだけど、
    焼いてないパンに先にバターって、塗りにくくて面倒だから。
    あとキュウリは焼く前に食べた。なんとなく焼いちゃダメー!とキュウリが言ってるような。
    コンビニのお弁当についてるお漬物もたぶん一緒に温められるの不本意だと思う。

    ふー満腹。昼からガッツリ食べたー。

    2013.07.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ごはん

    冷たいスープ

    IMAG1522のコピー

    実家からカボチャをもらったので、スープにしました。
    カボチャの甘辛い煮物も好きなんだけど、一度にたくさんは
    食べられないのでスープにしたらどーだろうと。

    以下作り方↓

    ①、カボチャは洗って皮をむく。スープが緑色になってもいい人は
    皮は残してもよいかと思います。そのほうが栄養あるしね。
    私は深緑の部分だけザックリむいてこの色に。
    完全にむいたらもっと黄色になると思われます。で、適当な大きさに切っておく。

    ②、玉ねぎ1個をみじん切りにして大き目の鍋で軽く炒めておく。

    ③、②の鍋にカボチャとかぶるくらいの水と、野菜のダシ(どんなのでも)と
    コンソメキューブ2個を入れて火にかける。

    野菜のダシはなくてもよいけど、コンソメキューブ(顆粒でも)は必ず。

    10分ほど煮てカボチャが柔らかくなったら大まかにつぶして塩を適量入れる。

    粗熱が取れたらなべからミキサーに移して牛乳を好きなだけ加えてMIX。
    私はあんまりドロドロは飲みにくいのでサラサラになるまで牛乳で調整しました。

    冷蔵庫で冷やして完成☆
    わたしは飲む前にちょっとだけ牛乳をたらしました。なんかそれらしい風に(笑)

    ミキサーがない方は形が完全になくなるまで煮て、粗熱がとれてからさらに牛乳でのばして
    なめらかになるまで泡立て器などでしっかり混ぜればOKだと思います☆

    カボチャは疲れた体を元気にしてくれる栄養たっぷりだし、スープだと沢山とれるので
    この夏の定番になりそうです。

    2013.07.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ごはん

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    sissi

    Author:sissi
    Sissiです。
    描いたもの、作ったもの、犬のことなど、日々のあれこれをのんびり綴ってます。どうぞよろしくお願いします。

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    最新トラックバック

    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。